Contents

葬儀のマナーを身に付けておく必要があります。

悲しみや悩みを解消する葬儀ができます
社会人になると、知人などの葬儀に出席をする機会が増えてきます。いざという時に困らないように、葬儀のマナーを身に付けておく必要があります。現代は多忙な人が増えているので、告別式よりもお通夜に出席をする人が増えています。親しい間柄の場合は、お通夜と告別式の両方に参列する人も大勢おられます。女性の場合はブラックフォーマルを着用して、肌を露出しないデザインの服装を心掛けて、光沢のある靴やバッグなどは、避けるようにして下さい。アクセサリー類は、白やブラックのパールを着用すると、きちんとした印象になります。

不祝儀袋に入れる金額がどれぐらいなのか、知っておきたい人が増えています。親しい友人や知人の場合は、5千円から一万円前後になっており、親戚の場合は3万円前後になっています。不祝儀袋を書くときは、薄墨を使用して御香典、御香料などと書くようにして、下の部分にはフルネームを書くようにして下さい。斎場に入った時は、私語はなるべく控えるようにして、携帯電話も電源を切っておくか、マナーモードにしておく必要があります。お焼香の順番が回ってきたら、遺族にまず一礼をしてから、僧侶や遺影に一礼をして3回程度行うと良いでしょう。

関連リンク

Copyright 2017 悲しみや悩みを解消する葬儀ができます All Rights Reserved.