Contents

これから需要が高まるかもしれないドライブスルー葬儀とは

悲しみや悩みを解消する葬儀ができます
宗教や土地柄などによって葬儀の形式は変わってきます。私たちが常識だと信じているものが、非常識だと捉える人もいれば、その逆だってありえます。また、近年では型にはまらない新しい葬儀の形をとる人も増えました。故人らしさを伝える自由葬や無宗教葬、火葬後は海や山に散骨する自然葬が有名ですが、ドライブスルー葬儀を知っているひとはどれほどいるでしょうか。

アメリカ、ロサンゼルスの葬儀場が始めたとされる新しい型の葬儀です。きっかけはとあるギャングの葬儀中に銃撃戦が勃発したことです。そこで、防弾ガラス越しに故人をしのぶことが出来るドライブスルー形式の葬儀サービスを提供するとギャングたちに喜ばれたと言うことです。他の葬儀場でもオプションでドライブスルー葬儀を行えるところが増えてきて、ボタンでお悔やみの手紙や寄付を行えるなど利便性が増していきました。このようにドライブスルー葬儀は、ギャングたちだけでなく忙しい弔問者や高齢の弔問者が葬儀に参加しやすいと指示されてきました。

実は日本でもドライブスルー葬儀を行うことは可能です。受付はタッパネルで行い焼香もボタン一つで済ませることができるので簡単に済みます。少子高齢化の日本では、当然、葬儀の参列者も高齢者が増えます。今はまだ賛否両論があるドライブスルー葬儀ですが、少しずつ需要が増えていくかもしれません。

Copyright 2017 悲しみや悩みを解消する葬儀ができます All Rights Reserved.