Contents

世界の珍しいジャズ葬儀とは

悲しみや悩みを解消する葬儀ができます
人が亡くなった際には葬儀が執り行われますが、日本の場合は一般的には仏式タイプが多くあります。ですが最近では家族葬や密葬といった種類なども増えてきており、中には音楽を掛けながら行われる音楽葬などもあります。ですが世界には様々な葬儀の形があり、その中でも珍しい葬儀も存在しています。その中の珍しい葬儀の1つとして、ジャズが生まれた町として有名なニューオリンズではジャズ葬儀が行われています。日本でも故人が好きな音楽を欠ける音楽葬と同じですが、日本の音楽葬の場合はやはり葬儀として音楽なども静かなものなど工夫する場合が多いです。

ですがジャズ葬儀の場合ではジャズをかけることで、葬儀会場自体の雰囲気は葬儀とは思えないほどのとても楽しそうな雰囲気になるのが特徴です。この葬儀の際にジャズをかけることには、後に残されたものが強く生きていこうという意味合いが含まれています。また強く生きていく意思とともにちゃんと葬儀を行っているという意味もあります。このように葬儀の際に音楽を欠ける葬儀は他の国でも多くあり、アフリカでは広く行われている風習の1つとなっています。ただし音楽を欠ける際には遺体を運んでいる最中は静かな音楽をかけ、帰ってくる時には華やかな曲にかえるなど色々習慣があります。

関連リンク

Copyright 2017 悲しみや悩みを解消する葬儀ができます All Rights Reserved.