Contents

世界の珍しいヴァイキング葬儀とは

悲しみや悩みを解消する葬儀ができます
人が亡くなった際には故人との最後の別れを行うため、通夜や葬儀などが執り行われます。もちろん日本の葬儀は一般的に仏式タイプとなりますが、同じ仏式タイプの葬儀であっても地域によって風習やならわしに習慣など様々な違いがあります。それと同じように世界各国でとり行われる葬儀には珍しいタイプの方法などがあり、珍しい方法で故人との別れを行っている場合も多いです。そんな珍しい葬儀の1つとして時代とともに消えてしまった葬儀としてヴァイキング葬儀がありました。ヴァイキング時代と呼ばれていた時に行われており、時代としては800年から1500年頃に行われていた葬儀となります。

昔は海賊と呼ばれるヴァイキングが多くおり、独特の死者の葬り方を行っていました。葬儀の方法としては火葬や土葬といった方法となっており、日本に似ている部分もありました。ですが故人の服装などは普段着が着せられており、埋葬される場所にも普段よく使用していた物を一緒に埋められていました。また故人が迷わず死者の世界に旅立てるようにという意味合いから、荷馬車やボートなども一緒に埋葬する習慣などもありました。中には馬も一緒に埋めるとった習慣などもありましたが、キリスト教が広がるにつれてなくなっていった葬儀方法となります。

Copyright 2017 悲しみや悩みを解消する葬儀ができます All Rights Reserved.