Contents

ハワイで行われる珍しい洞窟での屈葬儀

悲しみや悩みを解消する葬儀ができます
日本において葬儀は故人との最後の別れる場であり、一般的な葬儀の他に家族葬や一日葬などがあります。葬儀は基本的に必ず行われますが、地域などによって習慣や風習などに違いがあるので初めての風習をみた際は驚く場合も多いです。同じように海外でも珍しい葬儀が行われている場合が多く、その中の1つとしてハワイ諸島でいまでも行われることが多い屈葬があります。この屈葬はハワイ諸島では伝統的な葬儀となっており、遺体を埋葬する場所が洞窟となります。洞窟の中に穴を掘るといったことはせず、ただ洞窟に葬儀を入れるというタイプの埋葬方法となります。

洞窟に埋葬される故人にも特徴があり、赤ちゃんが母親のおなかの中にいる時と同じように身体を折り曲げられた状態にします。その際には手や足などを縛って折り曲げられます。その後故人の身体の上にはタパと呼ばれる布がかけられます。このタパですが桑の木の皮でつくられたものになります。故人の体は長期保存するという目的もあるため、腐敗の原因となる内臓などは全て取りだされて変わりに塩などが詰められ処置が行われます。この葬儀には亡くなってからも胎児になった母親のお腹に戻るといった意味合いなどが含まれています。

関連リンク

Copyright 2017 悲しみや悩みを解消する葬儀ができます All Rights Reserved.